スイング&ポジショントレード主体の

トレンド相場のトレード方法

今回は、トレンド相場におけるトレード方法を考えましょう。
最初に、トレンドとは何か?をはっきりとしておきます。


上昇トレンドの定義:
「直近高値がその前の高値よりも高く、直近安値がその前の安値よりも高い。」


少し難しい表現になりました。下図を見ながら考えましょう。


直近高値はCです。
その前の高値はAです。CはAよりも高い位置にあります。
また、直近安値はDです。その前の安値はBです。DはBよりも高い位置にあります。


これが繰り返される限り、どんどん為替レートは上昇していくでしょう。
これを上昇トレンドの定義とします。


下落トレンドの場合はこの反対になります。


下落トレンドの定義:
「直近高値がその前の高値よりも低く、直近安値がその前の安値よりも低い。」

これも下の図で確認してみてください。直近高値はDです。
その前の高値はBです。DはBよりも低い位置にあります。
また、直近安値はCです。その前の安値はAです。CはAよりも低い位置にあります。


では、このトレンドを使ってどのようにトレードをすれば良いでしょうか。
一つの例をここで紹介します。下の図をご覧ください。

直近高値はAです。Aを過ぎてから少し下落しています。
そして再び上昇してAと同じ水準を超えました。そこで買います。矢印があるところです。


この説明を読んで、不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。
「Aと同じ水準を超えるまで我慢しないで、Aを過ぎて下がって、再び上がるところ(例えばBのあたり)で買っても良いのではないか?」と。

その方法は成功しないかもしれません。というのは、下のような値動きをする場合があるからです。Bで買った後、破線のように動くと期待していたら、実線のように下落してしまいました。

このときの為替レートの動きは、上昇トレンドの定義に当てはまりません。
上昇トレンドだというためには「直近高値がその前の高値よりも高く」なければなりませんが、上の図ではそうなっていません。

相場は上昇トレンドから下落トレンドに転換したのかもしれません。
どこかで損を確定して取引を終了しなければなりません。

このような失敗をしないために、上昇トレンドが継続していることを確認してから取引を開始します。


相場の格言に「頭と尻尾(しっぽ)はくれてやれ」という言葉があります。
為替レートが底値にあるときに買って、もうこれ以上は上昇しないという天井で売ることができれば、どんなに素晴らしいことでしょう。


・・・しかし、それはできないのです。
たまにはできるかもしれませんが、継続してできないのです。
そこで、より確率の高い方法を選んで取引しようということになります。
継続性や確実性を優先しましょう。


では、今回紹介した方法ならば100%完璧か?と問われれば、NOが答えになります。
相場には100%はありません。これが辛いところですが、より高い確率を求めて多くのトレーダーが研究を続けています。

FXで稼ぐ為の本音のチャート分析術

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧