スイング&ポジショントレード主体の

相場を大きく動かす2大要因と上手く付き合う方法

実需によるものか投機筋によるものかをなんとなく把握する考え方を解説

相場を動かす要因として実需筋によるものと投機筋によるものがありますが、どちらも大きな要因とはなりえます。

しかし、それらの動きは既に市場では織り込まれている場合が多い事や、投機筋が突発的に仕掛けてくるタイミングは判断しにくいため、これを見てからトレードをするということは事実上難しいと言えます。

専業トレーダーでありニュースも独自のソースを持っており逐一情報を解析している人であれば可能かもしれませんが、そのようなインテリジェンスを持っている人は個人投資家ではほぼいないでしょう。

そうなると、下手にこれらを意識してトレードをするよりも出た数字を基にトレードをしていくほうが無難であり成績も安定しやすいと思います。

もちろん、ファンダメンタルズ分析などは大きな流れを知るために重要なので、5、10日(ゴトビ)や年度末などは実需筋からの動きが出ると言う事は想定しておく必要はありますが、それに注視するあまり自分のトレードが崩れてしまっては元も子もありません。

自分のFX手法を基準において対応するようなルールを作って取組むことが大事です。

ただ、投機筋の動きは私たち投資家と同じなので、その思惑を噛みしめながら相場を眺めることは勉強になります。

相場が急に動いて投機筋のポジションが入ったと言う事はニュースなどでわかることなので、どうしてそのタイミングで仕掛けてきたのかを考えれば、プロの投資家が何を思ってトレードをしているのかわかるきっかけになります。

プロがポジションを持つという意味は必ずあって理屈をトレースしていけば自分の手法にも参考になるはずです。

投機筋が動くと言う事は大衆を扇動するためなので、その後値動きがどうなったかを見て行けばその結果もわかるはずです。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧