スイング&ポジショントレード主体の

高金利通貨でスワップ運用するための必要条件

スワップ金利を目的としたトレード手法を実践する際には、高金利通貨買い、低金利通貨売りという通貨ペアを選ぶ必要があります。

例えば、豪ドル円やNZドル円、南アフリカランド円、トルコリラ円などが実践しやすい通貨ペアとして利用されています。

もともとこのスワップ金利を目的としたトレード手法は、各国のファンドなども円キャリートレードとして活用している手法ですし、リテールでも銀行の外貨預金もこれと同じ考え方で多くの人が活用しています。

手法としてはオーソドックスなのですがFXの場合はレバレッジがかかり自分で運用しないといけないので、ある程度コツを掴んでおかないとロスカットとなり全てを失うということにもなりかねないので注意が必要です。

これまでもスワップ金利目的でトレードをしていた中、リーマンショックなどのリスク回避の円買いが起こった際にロスカットとなり計画が全て水泡になったことはよくあります。

実際に、それを機に個人投資家の売買比率は売り買いが買い8、売り2くらいだったものが共に5割程度になったようです。

それから学びとれる事は、年に数回はリスク回避の円買いが起こると言う事であり、信じられない水準まで円買いが来ても良いように、証拠金に回せるお金はFX口座に入れている事が大事です。

もしくは、ロットを小さくしてからスタートして徐々に大きくしていくことが大事です。

つまり、余裕がある分で外貨預金より多少付けばいいと考えてやるべきです。

リスクを取りながらポジションを保有することはとても危険なことなのです。

スワップトレードをするなら長期計画を立てつつ、資金は多めでナンピンして下がったら買いましていけるようなやり方を心がける必要があると思います。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧