スイング&ポジショントレード主体の

香港ドルの特性

香港ドルは、中国の特別行政区内で流通している通貨です。

中国の元を扱っているFX会社少ないですが香港ドルを扱っている会社は数社あるため、中国動向を基にトレードをする投資家には注視されています。

香港ドルは米ドルとペッグ制(固定相場制)を組んでいるため、そのレートは1米ドル7.75〜7.85香港ドルとおおよそ決められています。

米ドルと固定相場とされていることから事実上、ドル円と同じ値動きとなります。

ただ、ドル円と比べると流通量が少ないためスプレッドが広めでありトレードをする際にはあまり妙味がないため、FX初心者は香港ドル円をトレードするよりもドル円を素直にトレードしているほうが良いと思います。

また、ペッグ制を組んでいると言っても最近ではスイスフランショックのように固定相場が成り立たなくなってきているため、想定外の値動きとなる危険性もあることは考慮しておく必要があります。

例えば、想定レンジ内の値動きだからと言って逆張りで細かくトレードをしていても一気に想定レンジがいに吹っ飛んでしまうということにもなる危険性はあります。

スプレッドもワイドであるためあまり妙味もないと思いますので、FX初心者はドル円を扱うほうがやはり無難だと思います。

最近では中国元を扱うFX会社も出てきていますが、固定相場制である以上、同じようなリスクを孕んでいますしある程度の特徴を知っておかないとうまくトレードで結果を出すことは難しいと思いますので、腕に自信がある人のみ挑戦するほうが良いでしょう。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧