スイング&ポジショントレード主体の

FX上級者に人気の英ポンドの特性

第二次世界大戦まではポンドが世界の基軸通貨として活用されてきましたが、その後は米ドルにその座を譲りました。

しかし、為替の取引量はNY市場に匹敵するくらいロンドン市場は大きく金融立国としてのイギリスは未だに健在となっています。

また、ユーロ圏では米ドルに対抗して通貨ユーロを導入しましたが、それまでのプライドからかポンドはユーロに参加はしませんでした。

ただ、経済的な繋がりはあるため変動する際には同じような動きとなる事が多いです。

ポンドの特性としては暴れ馬のように大きな値動きとなる事が多いです。

例えば、ポンド円はドル円の3倍程度の値動きとなる事が多く、FX初心者が安易に手を出せば大損する危険性もあるため、初めは辞めておいたほうが良いです。

逆に、腕に自信のある人であれば短期間で大きな利益を狙えるのでチャレンジする価値はあると思います。

ポンド円の攻略方法としては、ユーロドルよりさらにトレンドが出やすいことが多いので、損小利大をきっちりと決める事が大事です。

少々の損を出しても間違いだと思えば損を確定させて利益が出ればその流れに乗ってトレードをするということが良いです。

ドル円などでは損切り貧乏など言われるようなレベルでもポンド円ではしていくほうが良いでしょう。

また、最近ではスプレッドが縮まってきたので、あまり気になりくくなってきましたが、ドル円と比べるとどうしても倍以上の取引コストがかかってしまうため、高回転型のスキャル手法よりもトレンド重視型のデイトレやスウィングにて対応したほうが良いと思います。

ストップを決めながらトレール注文で利益を伸ばすやり方を半自動でやれば、流れに乗ったトレードを実践することができるでしょう。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧