スイング&ポジショントレード主体の

根拠のないナンピンが危険な理由

ナンピンとは複数のレートでポジションを持って
合計ポジションの平均値を有利にするという手法になります。

例えば、ドル円が120.00の時に1枚買ったが予想に反して119.50まで下落してしまったので、さらに119.50で1枚買うと、ドル円を2枚持っており平均値は119.75となります。

つまり、ドル円が119.75以上のレートになると利益となってくるのです。

このようにナンピンとは使い方によっては有効的な手法であると言えますが、
使い方を間違うと大きなリスクを背負ってしまう事がありますので注意が必要です。

ポイントとしては最初から意図してナンピンをするかどうかです。

例えば、相場状況を鑑みて最初の投下資金を決めて、
それを複数のポジションで分割して取っていこうと考えた場合は、
自分が決めた戦略に則ってトレードをするため失敗しにくいです。

しかし、意図せずに自分の予想が外れたからと言って、
感情的にポジションを増やしていくことは危険なことになります。

資金管理を考えた戦略的なトレードではなく、感情に任せたバクチトレードとなっていますので、再度に待っているのは破滅しかありません。

また、この根拠のないナンピンは初心者がやってしまう事もありますが、
相場観を持った経験者もやってしまうことがあるので注意が必要です。

ある程度相場観を持って、分析法にも自信を持ってくると、
自分が正しいと思いこんでしまうことがあります。

そうなると、自分の相場観は合っているのでもう少し待ったら
変わるのではないかという根拠のないトレードをしてしまい自滅してしまいます。

実際にこのような人は多く、私も何度も失敗した事があります。

相場で大事なことは自分ではなく、相場がどのように動きたいかを察知する事です。

自分は相場にとっては無力で従い流れに乗せてもらえれば
という気持ちでやらないと生きていけません。

それを自分が正しい、変えてやると思った時点で大きな流れに呑みこまれて、
木端微塵にやられてしまうでしょう。

相場は流れがある大河です。

流れを読み、同方向に進めばびっくりするほど進みますが、
逆流しようとすると呑みこまれて沈みます。

これが相場の本質だと思います。

自分しか見ていなければ失敗しますので、
大事なことは相場を見続け自分を合わせて行く事です。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧