スイング&ポジショントレード主体の

最適なリスクリワードレシオの考え方



リスクリワードレシオとは、損切りの幅と利食いの幅のバランスのことであり重要事項の一つです。


いくらテクニカル分析を極めて相場を予想できるようになっても、損切りや利食いがきっちりとできなければFXで収益を安定的に上げて行くことはできません。

FXはいくら稼いだかが重要であって、値動きの予想を当てるものはありません。 トータルバランスが重要ですので、利食い、損切りとそのバランスは絶対にマスターしておいてください。


具体的には、 利食いの値幅は損切りの値幅の5倍以上の計画を立てると良いと思います。 これは手法などによっては一概には言えませんが、多くの場合はこれをベースに微調整をして行けば良いと思います。


要は、損小利大をめざすなら、損を小さく利益を大きくし、1勝3敗でも負けないトレード計画を立てることが大事です。


また、 利食いや損切り値を決めたら絶対に外さないでルールを貫徹することが大事です。

実際にトレードをしていくと、ここから反転してきそうだから、損切りはしないでおこうと思ってしまいます。 しかし、それを1度でもやってしまうと事あるたびに言い訳をして、利食いや損切りポイントをずらしてしまい損大利小となってしまうでしょう。


これでは何のためにルールを決めているのかわかりませんし、トレードをしてみてルールを都度調整していくほうが良いです。


自分で決めた事はトレードの途中で変えるのでなく、トレードをし終わった後に変えるくらいの意気込みでちょうどだと思います。とにかく、このルール通りにトレードをするという事は難しいです。


私でも強い誘惑に負けて、幾度となく生きるか死ぬかの大バクチのようなトレードをしてしまいました。


そうなればもはやFXではなく、ただの運否天賦のバクチになります。バクチは目先でいくら勝ったとしても最終的に待っているのは破滅です。目先の誘惑に負ければコツコツドカーンの状態となり最終的には全てを失います。


それを避けるためにも、 損切りと利食いの設定とルールの貫徹は必要不可欠になるのです。


FXでは経験が大事です。ビギナーズラックはあるものの、初めてすぐ達観して成功し続けることはありません。


長くFX相場で経験を積む必要がありますので、初心者の段階で退場とならないようにリスク管理はしっかりと取り組んで頂きたいです。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧