スイング&ポジショントレード主体の

押し目買い・戻り売りの重要性

為替相場は上昇トレンドと下降トレンドがありますが、
一直線の右肩上がりや右肩下がりという動きにはなりません。

上昇局面の間でも下がったり、上がったりしながら総合的に上がっていくものです。
押し目買いとは、その上昇局面の下がった所を買うというものです。

押し目買いのポイントとしては下がりきった所で買う逆張りと、
下がりきって戻してきた時に買う順張りがあります。

一般的には逆張りをする人が多いですが、順張りで流れに沿ったトレードをするほうが安全ですし、安定した結果を出すことができるでしょう。

ただ、これには相場観を持って押し目とは
どのようになった時なのかを把握しておく必要があります。

これが結構難しく多くの人は失敗してしまう事があります。

昔から「押し目待ちの押し目なし」と言われるように、上昇局面で買いで準備をして安くなったら買おうと思っていても、結局、そのまま上がっていってしまい買いそびれるというものです。

これは相場を見誤っている事が多く、押し目を見逃していると言う事なのです。

ここで一般的には「押し目待ちの押し目なし」なので、
わからないけど買っておこうと盲目的なトレードをしてしまい失敗することが多いです。

あくまでも自分が押し目を見逃していると言う事を認識して、
次回からそのサインを見逃さないためにはどうするのかを考えておくことが大事なのです。

過去のチャートを見比べてその兆候がどういうものであるかを意識しておくと、
次第に押し目のポイントがわかってくるようになります。

本当であれば、このようになった時は押し目です、と言い切れたら良いのですが、その時の相場や運用方法によって解釈が変わってくるため、各個人で自分のパターンとして事前に想定しておくことが良いでしょう。

ちなみに、戻り売りも押し目買いと反対ではありますが同じことです。

FXはトレンドに乗ることが一番楽に大きく稼げるのですが、
その中での売買ポイントが押し目買いや戻り売りとなりやすいと思います。

これをきっちりと押さえておき、損切り、
利食いのポイントをマイルールとして持っておくことが大事だと思います。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧