スイング&ポジショントレード主体の

トレンドラインの引き方

トレンドラインとはチャートに線をひき、現在の相場状況が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、レンジ相場なのかを判断する方法です。

トレンドラインをひくことはチャート分析をする上で基本的であり不可欠ですので、
これからFXをしようと思っている人ややっているけど知らない人は必ずマスターしておくことが良いです。

トレンドラインの具体的なひき方は、チャート上の安値と高値を線で結びます。


こちらは実際のチャートにトレンドラインをひいたものです。

まずは@にあるように相場が下降しているのがわかると思いますので、
高値を2つ以上結ぶと下降トレンドラインをひくことができます。

さらに@の抵抗線をブレイクした時点で上値が抑えられてAレンジ相場が発生し、そのAの上限を突破してB上昇トレンドが発生したという流れになっています。

基本的には各トレンドの抵抗線を突破すると、次のトレンドに移行すると考えて考えて行くことになります。

例えば、@の抵抗線を突破した時点でレンジ相場か上昇トレンドかどちらになるのかを想定しながらトレードをすることになります。

この時は早々にレンジ相場を崩して上昇トレンドに移行していきましたが、実践では変則的な形になり判断がしにくい時もありますので、自分で判断できないような局面ではトレンドが明確化するまで待つと言う事が大事だと思います。

最初はわからなくても意識的にトレンドを読むようにしていけば、
だんだんと予想を立てられるようになってくると思いますので、
次のトレンドがどのようになるかがわかってくると思います。

そして、なぜトレンドラインをひくかと言えば、トレンドフォロー型のトレードスタイルであればレンジ相場は見送って、上昇・下降トレンドが発生した時にトレードをするためであり、スキャル取引などのレンジ内相場で取引するスタイルであれば、逆に上昇・下降トレンド時にはトレードを控えてレンジ相場を狙うためです。

それぞれ目的にあった使い方をすることで、
リスクを低減させて結果を最大化させることができます。

だから、トレンドラインをひけないということは、
効果的なFX取引をすることができないので必ず習得しておくほうが良いと思います。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧