スイング&ポジショントレード主体の

損小利大でFXに勝つための極意

FXで勝つために重要な事は勝てるパターンを作ると言う事です。

テクニカル分析を主体として、
「このような値動きとなればこのような動きとなるパターンが高い」
という鉄板トレード手法をまずは1つで良いので作り上げることが大事です。

FXで勝ち続けているトレーダーというのは、
この鉄板手法をいくつも持っており、それが現れた時に大きく勝負をしています。

それほど、毎度明確に現れる事はないですが、
現れた時には投資資金をいつもより上げて勝負をして勝ちします。

それまで例え、負けていても1回のトレードで回収して利益を上げる、
これが損小利大の考え方になります。

初心者であれば、毎回トレードは同じ金額で損切り、
利食いポイントも同じような設定をしていると思いますが、
鉄板手法を1つでも覚えると損小利大を意識した戦術を展開できるようにしましょう。

普段より、損切り幅を広めにとってストップ幅も大きくするなど、
リスクとリターンをいつもより大きめに取ることになると思います。

また、勝負所を作ると言う事は、
普段のトレードでの損は最小にするために損切りはしっかりとする必要があります。

鉄板手法が増えてくると、勝負所がわかってきて押すべきか引くべきかも
肌感覚でわかってくるようになります。

FXの達人になるとファンダメンタルズ情報は絶えずインプットしていますし、
テクニカル分析のチャートも頭にイメージできているため、レートを見ただけで
鉄板手法に合致するかどうかが判断できるため、何も見ずに売り買いができてしまいます。

外から初心者の人がその様を見ると、
勘でトレードをしていると思われるかもしれませんが、膨大な経験によって蓄積された
鉄板手法が頭の中にインプットされていて、レートを見るだけでイメージできてしまうのです。

そうなれば、成績も安定しますしトレードも楽になりますが、
初心者がそこまでなるには膨大な経験が必要になります。

まずは、1つでも良いので勝率の高いトレード手法を見つけるべきです。

損小利大はそれを見つけないと実現することができません。

FXで勝つための極意はそこにあると思います。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧