スイング&ポジショントレード主体の

為替相場は投資家の心理で形成されている

為替相場は何で動いているのか?と問われれば、あなたは何と答えますか?
テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、相場観、そもそも勘。。。

など、いろいろな分析法を用いて
トレードをしているから動いていると答えられるかもしれません。

半分は正解なのですが、さらにその本質的な所を言えば、
「為替相場は投資家の心理で形成されている」という事です。

テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析などは道具であって、
その根本は人の心なんですね。

いくら素晴らしいテクニカル分析でトレードサインが出ていても、
これから為替相場は乱高下する危険性が高いとテレビや新聞、雑誌などで喧伝されれば、きっとトレードを躊躇するでしょうし、サイン通りにトレードができなくなります。

それが為替相場の値動きを作っているのです。

また、人間の心理状況は多かれ少なかれ似通っています。

先ほどの例のように、メディアなどで為替相場は危険だ!
と伝わればトレードを控えますし、別の例ではテレビで
ダイエットに効果があると紹介された食品は次の日にスーパーでは売り切れになります。

このように大衆はある法則下では同じような行動に走ります。

それを利用して、FXでは爆発的に稼ぐ事もできるのです。

これが投資家心理を知る必要性なのです。

例えば、ドル円のレートが下落中であれば、
買いポジションを持っていた人はだんだん顔が青ざめてきます。

「どうしよう、まだ下がるのか?反転するかもしれないのでもう少し保有しておこう」
と思うでしょう。

しかし、さらに下落すると我先に決済の売りを仕掛けます。

そうると、さらに相場が下落するので、
それを見た買いポジションの人もさらに売りを仕掛けて・・・、
というように大きな下落相場になります。

FXでうまく稼いでいる人は、
この投資家心理をチャート上で読み解き、
「この地点から投げ売りがでるだろうから売りをしけておこう」
という事で莫大な利益を得ます。

これは何度でも使えて、チャート上ではパターン化されているので、
かなりパワフルな手法となります。

感情に左右される人はこのように勝者に狙われて刈られてしまうのです。

怖い、辛い、しんどい、逃げたい、などは自己防衛のため備わっている
人間の防衛本能なので、これをコントロールするのは意識していないとかなり難しいです。

だから、同じ失敗を繰り返して大衆心理通りのトレーとなり負け続けてしまうのです。

逆に言えば、テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も、
その他分析も、この投資家心理さえ知っていれば不要で稼ぐことができるのです。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧