スイング&ポジショントレード主体の

ファンダメンタルズ分析の仕方

テクニカル分析と同じくトレード手法として有名なものがファンダメンタルズ分析です。

これは世界各国の政治、経済などの状態を鑑みてトレードをするものです。

例えば、ドル円をトレードしようとする時にアメリカの失業率が改善されて、
景気回復期待が高まったというニュースが流れれば、アメリカに対する期待から
ドルが買われやすいため、円を売ってドルを買うトレードをするというものです。

これは私たちの実生活にもなじむものなので理解はしやすいと思いますが、トレードに
生かすと言う事はかなり難しいので初心者は意識する必要はないかもしれません。

ただ、安定的に勝ちにいくには必要なので慣れてくれば習得は必須です。

理由としては、相場動向に影響を及ぼすニュースを判断できないからです。

各経済指標ニュースは同じような結果内容であったとしても、
市場の注目度の違いで為替相場に与えるインパクトは違います。

例えば、アメリカの失業率が先月と同様の結果だったとしても、
先月と同じような値動きになるとは限りません。

相場は人間の心理なので、注目されている材料に変化がなければ相場は動かないのです。

このように初心者がファンダメンタルズ情報を判断してトレードに
生かしていくと言う事は困難であり、具体的なトレード手法としては活用できないでしょう。

あくまでもトレードは勘に頼らないで具体的に
ロジックで勝負できるテクニカル分析をしたいとして組み立てるのがお薦めです。

但し、少しだけ補足しておくと、
ファンダメンタルズ分析は相場の流れを知るために活用することはできます。

例えば、日本の政策金利は据え置きのままだけど、アメリカの政策金利が上がりそうだというニュースが流れれば、じりじりとドル円は上昇するトレンドを描くことになります。

誰でも金利が高い国の通貨を持って金利差で稼ぎたいと思いますので、それがレートにも反映されますので、中長期的にドル円は下がりにくく、上がりやすい環境になります。

これがわかれば全体的な流れとして、ドル円は上昇なので
テクニカル分析で買い場を探そうなどとポイントを絞っていくことができます。

このような活用法としてはファンダメンタルズ分析は使えます。

そして、経験者はこういう独自のファンダメンタルズ分析法を持っており活用しています。

だから、成績も安定して勝つことができるのです。

初心者トレーダーを脱することができれば、この辺りも研究していく甲斐はあると思います。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧