スイング&ポジショントレード主体の

FX初心者が損せず始めるポイント

FXとは外国為替証拠金取引の事であり、外貨取引の信用取引と言えます。

身近な例でいえば、海外旅行へ行く際に円をドルに交換すると思います。

その時、1ドル100円であれば、
1万円で100ドルと交換できます(手数料は別途かかります)。

これが外貨取引です。

信用取引とは、FX会社にある一定の証拠金という
担保を預けることでその何倍の取引をすることができることです。

FXではレバレッジと呼びますが、
現在のレバレッジは25倍までとなっていますので、先ほどの
1万円で100ドル交換することで考えると、400円で100ドルと交換することができます。

但し、これは証拠金として活用しているので、現物のドルを受け渡しはできません。

必ず差金決済をして、その利益か損失を受け取る必要があります。

また、FXは何倍もの取引をするから危険だと言われますが、
FXにはロスカットという制度があり多くの場合は預け入れたお金以上の
損が出ないように、自動で損失を限定してくれる機能があるため安心できます。

世間のイメージではレバレッジが効いて際限なく損失が膨らむと思われれている人もいますが、それは誤解でありFXはリスク管理ができる仕組みがあります

また、はじめてFXをする人に多い誤解としては、
「自分が想定した以上の取引をしているため、FXは危険である」というものがあります。

これはレバレッジを正しく理解していないから陥ってしまう誤りです。

考え方としては逆で、
同じ金額の取引をレバレッジを使って25分の1でできると考えることが正しいです。

例えば、1ドル=100円の時に1万ドル買う場合は、通常であれば100万円が必要になります。

FXでレバレッジ25倍を使い買うと25分の1の4万円で済むということです。

同じ@万ドル分を保有している状況なので損益は同じです。

1ドル=101円になれば1万円の利益になりますし、
1ドル=99円になれば1万円の損益になります。


つまり、リスクは同じということです。

逆にFXは資金効率が良いというメリットがあります。

資金の余りが出れば、
仮にレートが下がってきた時に、もう一度、1万ドルを買い足す事もできます。

このような運用がしやすいという点がFXのメリットです。

そして、これはあまりどのサイトでも解説されていない事なのですが、巷では、
レバレッジが高い=危険であると言われていますが、それは一概にそうとは言えません。

逆に、レバレッジが高いほうが安全である場合もあります。

FX初心者で多い失敗としては、「損切りができない」ということが圧倒的に多いです。
損切りができないと言う事は、
相場の流れを外しており際限なく損を拡大してしまう危険性がありますが、
高レバレッジであれば素早く自動ロスカットが発動して、
次にトレードができる証拠金が確保される場合があります。


つまり、FXは運用次第では変幻自在に
活用することができ、有利な運用をすることができます。

FXを始めようと思っている人は、
まずはFXのコツを理解してデモ取引などの実践練習を繰り返し行う事が良いでしょう。

FXを失敗しないための極意

執筆者紹介

メディア掲載情報

ダメおやじ (だめおやじ)

【プロフィール】
50過ぎにして女房に逃げられ、子供にも愛想をつかされ会社でもリストラされ、ついた名前が「ダメおやじ」。何の取り柄もない、 ただの中年おやじだったが、FXと出会い一変!結果的にFXを通じて生涯、 生活するには十分すぎるほどの利益を得る事に。 日ごろから実践しているトレードを手法を具体的にわかりやすく解説しています。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧