1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  >  FX初心者の適正レバレッジについて

FX初心者の適正レバレッジについて

FXをこれから始めようしている人にまずは知っておいてほしい「レバレッジ」について解説したいと思います。


@FXのレバレッジとは?
Aレバレッジ規制の変遷
B何が問題なの?
Cレバレッジの計算方法
Dレバレッジは何倍が適正か?


@FXのレバレッジとは?

(図1)レバレッジとは?

レバレッジは「てこ」のことで、少ない資金で大きな外貨の取引ができるしくみ。FX(外国為替証拠金取引)はそもそも2国間の通貨の交換なので、株のような「現物取引」ではありません。あらかじめ口座に証拠金として一定額の資金を預け入れ、それを担保にレバレッジを効かせて証拠金以上の取引を行います。(差金決済)


このようにFXは少ない資金で大きな取引が可能なところが魅力の1つですが、しっかりと自己ルールがないと相場変動によるロスカットや強制決済で、大きな損失を被る可能性があります。


Aレバレッジ規制の変遷

そもそもFXは1998年(平成10年)4月に外為法が改正され、その後一般投資家もFX取引ができるようになりました。当時はレバレッジ規制という概念がありませんでした。私がFXを始めた2006年ごろは普通に「レバレッジ400倍」などの高倍率で取引をしていました。当時ドル円の1万通貨取引の証拠金はわずか3000円程度で取引出来たのです。


金融規制が入ったのは2009年、それまで各FX業者のレバレッジは自由設定だったところに「金融商品取引業等に関する内閣府令の改正」が交付され、2010年にレバレッジ50倍、2011年にレバレッジ25倍と2段階に分けてレバレッジが引き下げられました。そして一部報道によると、2018年にはさらにレバレッジ10倍まで引き下げられる措置が取られそうです。(執筆時2017年10月1日現在、レバレッジ25倍)


今回の「レバレッジ10倍」という数値は主要10銘柄の平均変動率が11.4%という根拠から「10倍が妥当」という見解のようです。

B何が問題なのか?

金融庁の目的は「利用者保護」とあります。FXはそもそもハイリスク・ハイリターンの投資商品です。

各FX業者では、リスクについての説明を顧客に行っていますが、その認識があまりない初心者の方が取引を行い、「気がついたら高いレバレッジで取引をしていて、あっという間に資金を失ってしまった!」というケースが見られます。

レバレッジ取引は上手に利用すれば、少ない資金で大きな取引が出来るのでチャンスが広がりますが、トレードにまだ慣れていない初心者がいきなり高いレバレッジでFX取引を始める事はお勧めできません。

Cレバレッジの計算方法

取引金額÷証拠金=レバレッジ

【例】USD/JPY 1万通貨取引(1ドル=100円)の場合

  1. @証拠金:100万円

(1万通貨x100円)÷100万円=1(レバレッジ1倍)

  1. A証拠金:50万円

(1万通貨x100円)÷50万円=2(レバレッジ2倍)

  1. B証拠金:10万円

(1万通貨x100円)÷10万円=10(レバレッジ10倍)

レバレッジの計算は簡単にできます。FX業者のツールにはレバレッジの自動計算機能などもあるので、慣れないうちは活用してみましょう。また最小取引単位も、1万通貨よりも小さいロット:1000通貨、100通貨、1通貨で取引出来るFX業者もあります。

<取引例>
ドル円:1万通貨を売買する

@ドル円買い(1ドル=100円)
レバレッジ10倍(10万円で100万円分の取引)

Aドル円売り(1ドル=101円)
1ドル=100円が101円に上昇(+1円)決済売り
1円x1万通貨=1万円(利益)

Dレバレッジは何倍が適正か?

それではFX初心者の方はどのくらいのレバレッジで取引したらいいか?を考えてみます。FXは1銭=1PIPSと計算します。1万通貨取引の場合、1PIPの変動で100円動いたことになります。(10PIPS=1000円、100PIPS=1万円)

FX業者には自動ロスカット機能が付いているため、ある一定の損失が出ると(証拠金維持率の低下)自動的にポジションを決済し、損失を確定します。これにより、よほどの大暴騰・暴落がない限り、口座資金をすべて失う危険性は低いです。しかし自動ロスカットを食らう前に自分で決済したいですね。


適正レバレッジは?いくつかの条件があります。

@トレーダーの手法(短期か、中・長期か)
A銘柄選択(ボラティリティの大小・証拠金の違いなど)
Bトレーダー自身の性格

これらによって細かく変える必要があると思いますが、FXの初心者の方であればまずは小額投資、低レバレッジで始める事をお勧めします。

 

<FX初心者の適正レバレッジめやす>
FX歴1年未満・・・1〜3倍
1〜3年・・・5倍
3年以上・・・10倍

FX相場は3年=1サイクルとよく言われます。上昇相場、レンジ相場、下落相場など3年以上の相場経験を積み、取引時間や銘柄のクセなどを十分理解してから、投資資金・レバレッジを上げて本格参戦する。このくらいの長期スパンでFXと付き合うと確実に力が付いてくると思います。

執筆者紹介

メディア掲載情報

ボリ平 (ぼりへい)

【プロフィール】
FX&バイナリーオプション専業トレーダーです。 毎日コツコツトレードを行えば、相場が判ってきます。 難しいテクニックは不要。 ”自分に合ったトレードスタイル”を見つけることが出来れば どんな相場でも成果を上げていく事が可能だと思います。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧