1. HOME
  2.  >  FX&BO専業の有名トレーダー ボリ平
  3.  >  スキャルピングのコツ

これだけは知っておきたい!スキャルピングのコツ

トレーダーのボリ平です。今回はスキャルピングのコツについて解説したいと思います。

スキャルピングは上か下か?

スキャルピングは他のトレーディングとは違います。短期足の値動きを見て「上がるのか、下がるのか?どのくらい動くのか?」を事前に予測し仕掛ける作業。



もちろんその予想が外れた場合は素早く損切りことが肝心です。そのあと途転(ポジションをひっくり返す事)するか、様子見か?次の行動に移ります。

PCに張り付き

スキャルピングを行う時は基本、PCに張り付きます。注文方法も成り行き注文になることが多く、決済もその場で行います。ポジションを持った瞬間からリスクは発生しますので、短期取引でも不測の事態に備え、あらかじめ損切幅に自動で逆指値が入る設定にしておくと便利です。



もし席を離れる必要があるときは、きっぱりとポジションを手仕舞います。ちょうど良いトレンドに乗っている(利益が出ている)と判断した時は、スキャルピングからデイトレードに切り替えることもあります。その際には新たなトレード戦略を建て、チャートパターンを見直します。

銘柄選び3つのポイント

スキャルピングの銘柄選びに必要な3つのポイントを解説します。


@トレードしやすい

・チャートを見て、今一番トレードしやすい、わかりやすい銘柄を選ぶ
・普段から相性のいい(癖をつかんでいる)銘柄を選ぶ



Aスプレッドが狭い

1回の取引きで数PIPSしか稼げないため、スキャルピングではスプレッドは大きな売買コスト。スプレッドは狭いほうが良いです。



B流動性が高い

スキャルピングの場合は、値動きにタイミングを合わせて利益を獲得していくイメージ。 プライスアクションやティックチャートなど、1分足よりも短いスパンで捉えることも必要です。



C値動きがすべて

スキャルピングの場合は、値動きにタイミングを合わせて利益を獲得していくイメージ。 プライスアクションやティックチャートなど、1分足よりも短いスパンで捉えることも必要です。


利確・損切2つの考え方

スキャルピングでの利益の出し方には2つの方法があります。

@あらかじめ利確&損切を決めておく

この方法はチャート形状関係なく、最初から利益幅を決めておくという方法です。「10PIPS取れたら決済する、5PIPSマイナスになったら損切りする」または 「1万円儲かったら決済する、5000円マイナスになったら損切りする」 値幅PIPSでも金額でも構いません。

この場合、1回の取引で大きく獲ることはできませんが、大損を回避できます。(スキャルピングにはなりませんが)エントリー後、すぐに「OCO注文を入れる」という方法などを検討してみて下さい。




A相場に合わせて決める

相場は時間帯や銘柄、季節柄などによって値動きが変わります。

このようにボラティリティの異なる市場においては、定額狙いのトレードをするより臨機応変に利益&損切幅を変えていくという作戦です。(東京時間に5PIPS稼ぐよりNY時間に20PIPS稼ぐ方が簡単) そうは言っても損切幅はしっかりと決めておかなければなりません。

おすすめは「エントリーした時の反対方向にある、直近高値(または安値)に来たらきっぱり損切」というルール作りです。

スキャルピング実践編

スキャルピングを実際に行ってみました。

(図1)FXTF(MT4)ドル円1分足チャート【14:47】

ドル円上昇、しかしオーダー発注画面にあるBIDとASKのラインチャートは下向きに。ここで成り行きショート。 ※FXTFのMT4はストリーミング方式とカウントダウン方式があります。カウントダウンの場合は銘柄の横に(cd)と付いています。(今回はcd方式)

※FXTFのcd方式は1000通貨から取引できますが、注意しなければならないのは数量1=10万通貨だということ。1万通貨取引の場合は数量を「0.1」としてください。



(図2)FXTF(MT4)ドル円1分足チャート【14:54】

左側に表示した「BID&ASKチャート」の下向き角度が急になり、右側のドル円1分足チャートも下がってきました。


(図3)FXTF(MT4)ドル円1分足チャート【14:58】


下落の角度がさらに急激となり下落スピードもアップ。これが獲れそうなのでクロージングを考えます。



(図4)FXTF(MT4)ドル円1分足チャート【14:58】


「BID&ASKチャート」の下落形状が変わり、下げ止まりました。右側1分足チャートにも下ヒゲを付けた陰線が出たので、そろそろ価格が戻るタイミング(一時的な上昇)ここで決済を行いました。



【番外】ロング&ショート作戦

(図4)FXTF(MT4)ドル円1分足チャート【14:58】

ユーロドルとドル円は逆相関の動きをすることが多いので、その場合は「ドル円をショートしたら、ユーロドルをロング出来るか」を確認してください。うまくいけば「一度で2度おいしいトレンド」を獲得し、利益を増やすことが出来ます。

スキャルピングのコツまとめ

@価格の値動きを捉えること
A利確・損切のルール作りが重要
B同時に複数銘柄もやってみよう

執筆者紹介

メディア掲載情報

ボリ平 (ぼりへい)

【プロフィール】
FX&バイナリーオプション専業トレーダーです。 毎日コツコツトレードを行えば、相場が判ってきます。 難しいテクニックは不要。 ”自分に合ったトレードスタイル”を見つけることが出来れば どんな相場でも成果を上げていく事が可能だと思います。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧