1. HOME
  2.  >  スキャルピングと時間帯

スキャルピングと時間帯

みなさんこんにちは、トレーダーのボリ平です。
私は短期取引を得意とするFXトレーダーです。

今回はスキャルピングについて私自身が考えるスタイルをお伝えしたいと思います。

スキャルピングとは?

スキャルピングとはチャートや値動きを見ながら短期間に売買を繰り返す手法で、数秒から数分の取引を1日に何度も行います。

一般的なトレーディングでは必要な情報として【ファンダメンタルズ分析】と【テクニカル分析】がありますが、スキャルピングにはどちらが重要でしょう?


ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、世界の経済の動向やニュース、経済指標の内容によって分析を行い、為替相場を予測すること。スキャルピングでは、目の前の値動きに合わせてトレードを行うので長期予測は不要、ですからファンダメンタルズ要因はあまり参考にしません。

ただし「経済指標スケジュール」は必ず確認します。指標内容によっては相場の変動要因となるからです。


テクニカル分析

テクニカル分析は、過去の値動き・パターンを分析し、今後の未来相場を予測する分析方法。スキャルピングの場合、直近の値動きによる売買なので、ファンダメンタルズ分析よりテクニカル分析を重視しています。


プライスアクション

スキャルピングでは、テクニカル分析に加えプライスアクション(値動きの激しさ)を重視しています。値動きが活発になると短期足のチャート形状が変わり、プライスボード(売買表示版)が“チカチカ”と激しくフラッシュします。

スキャルピングとデイトレードの違い

同じ短期取引には「デイトレード」というものがあります。(スキャルピングをデイトレードの中に入れる場合もありますね。)スキャルピングとデイトレードの大きな違いは「取引時間」の長さですが、私の場合この2つを“全く別のトレーディング”だと認識し、それぞれ異なるアプローチで取り組んでいます。

 

スキャルピング

デイトレード

@取引時間

数秒〜数分

数分〜数時間〜1日

A狙いPIPS

3〜10

30〜100

B時間足

秒足・ティック・1分・5分

5分〜1時間


(スキャルピングとデイトレードのおもな違い)   


スキャルピングの利点

@相場予測がかんたん

これからの相場は“上がるのか、下がるのか?”未来の予測は難しいもの。しかし1週間後の相場より、3分後の相場のほうがイメージがわきます。相場予測の難易度は、トレードの期間によって変わるので短い期間のほうが予測しやすいと思います。

Aポジション保有リスクが低い

トレード中の一番のリスク要因は、自分の保有しているポジションを相場にさらすこと。スキャルピングなら、ポジションを持つ時間が短い為、リスクが軽減されている事になります。

Bトレードチャンスが多い

スキャルピングは短期間に小さい利益を獲る方法なので、1日に何度もトレードチャンスが訪れます。

C利確・損切が素早い

短期間に売買をこなすスキャルピングは、一瞬の判断が大切です。利確・損切も最初から決めておき、躊躇なくそれを行うことが前提条件です。

D資金効率が良い

短期売買の場合、長くポジションを保有することがなく損切・利確が早いので、証拠金に充てる資金に余裕があります。


スキャルピングの注意点

一見シンプルで効率よく見えるスキャルピング取引ですが、注意をしなければならない点もいくつかあります。

@薄利多売

スキャルピングは1回の取引に狙う利益が平均で5〜10PIPS程度と利益は薄いため、トレード回数を増やさなければ稼ぐことが出来ません。


Aコストが大きい

1度の利益が小さい分、取引コスト(業者スプレッド、手数料)が大きくなります。なるべくコストのかからないFX業者、銘柄を選びましょう。


B判断力

スキャルピングはただ単に短い時間のトレードを行うわけではありません。時間にとらわれすぎると、無駄な損切り、利益の取り損ねを連発します。ここは勝負!と思ったら長めのトレードに切り替えることも必要。(その際はストップを必ず入れます)

FXの取引時間

FXは24時間いつでも、どこでも取引可能、しかし取引時間によってトレードしやすい時とそうでない時があります。為替の場合、実際の取引所があるわけではないので区切りのない、つながった1つの市場なのですが、おおまかに世界三大市場と呼ばれる時間帯があります。それが「東京・ロンドン・NY」市場です。

(図1)世界三大市場の取引時間


【東京市場の特徴】8:00〜17:00

東京市場は前日のNY市場後半の流れを引き継ぎ、比較的穏やかな動きをします。午前9時意向は国内の実需と連動し、ドル円を中心に意外と決まりきった動きをします。取引量はロンドン・NYに比べると少ないため、レンジ相場を想定しトレード手法に「逆張り」も入れながらコツコツと取りに行く作戦です。


【ロンドン市場の特徴】16:00〜22:00

ロンドン市場の時間帯は世界各国の市場が開いている時間帯と重なるため、動向要因がつかみにくい。取引の主体は欧州通貨(ユーロやポンド)で原油・金価格の動向などにも影響を受けます。また経済指標も多いため、相場が大きく動くことも多いです。

この時間帯はトレンドについていく「順張り」で対応します。

※(図1-1)では21:30に発表された経済指標:米消費者物価(CPI)や小売売上高が弱い内容だったため、ドル円が急落、113円台から一時112.20円台まで下落しました。


【NY市場の特徴】21:00〜6:00

NY市場は基軸通貨の米ドルが中心なので実需の動きはありません。米国の証券・債券・商品市場の動向は為替市場にも大きな影響を与え、米経済指標や要人発言による動向にも注意が必要です。またロンドンとNYの市場が重なる時間帯が相場のコアタイム(21:00〜1:00)東京市場とは相場参加者が全く違います。


このように同じスキャルピングでも取引時間帯によって、トレード作戦を変更する必要があります。

スキャルピングで選ぶならこの口座

外為オンラインの魅力は他社にはない 「使いやすさ」です!

5,000円から取引できるminiコースや、直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等

とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!

口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

米ドル/円
スプレッド
取扱い単位 通貨ペア 手数料
1銭 1千通貨単位
1万通貨単位
24ペア 無料
初回入金 口座開設
キャンペーン
スマホ対応 総合評価
設定なし 開催中 iPhone○
Android○
★★★★★
口座開設はこちら

おすすめFX口座2選

【期間限定!キャッシュバックキャンペーン】

申込期限 2018/10/31

今なら口座開設で5,000円キャッシュバックキャンぺーン中!

外為オンライン

g-online

5年連続FX年間取引高No.1!(矢野経済研究所調べ)

高い約定力と使いやすいツールで、初心者から絶大な支持を得ている外為オンライン。

口座開設費・入出金手数料・取引手数料が全て無料。
無料のFXセミナーなどを用意し、 他社にはない「使いやすさ」を提供しているのが人気の理由です。

今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック。(条件あり)
申込みは約5分で完了し、最短2営業日で取引を開始することができます。

スプレッド スワップ 取引手数料 電話サポート 少額取引
米ドル/円 1銭 豪ドル/円 55円 無料
初心者向け 口座開設料 スピード開設 スマホ対応 信託保全
無料 三井住友銀行、みずほ銀行
  • 詳細はこちら
  • 口座開設はこちら

【期間限定!キャッシュバックキャンペーン】

申込期限 2018/12/21

今なら『外貨ネクストネオ』で 初回入金10万円以上+新規注文のお取引量に応じて※
→期間中最大100,000円キャッシュバック

外為どっとコム

gaitame

スプレッド業界最狭水準のFX会社

深田恭子のCMでお馴染み!

ドル/円 スプレッドは業界最高水準。1000通貨から取引可能。

最狭水準のスプレッドで、取引コストを安く抑えたいなら、大手で安心感のあるこの口座!


・他社よりセミナーが充実しており、動画学習コンテンツなどの初心者向けの情報量が豊富。

・売買システムが強く取引ツールが使いやすいので、最初の口座に最適。セミナーも充実。

・トルコリラ/円が高スワップ

スプレッド スワップ 取引手数料 電話サポート 少額取引
米ドル/円 0.3銭
原則固定(例外あり)
トルコリラ/円 81円 無料
初心者向け 口座開設料 スピード開設 スマホ対応 信託保全
無料 三井住友銀行
みずほ信託銀行
GMOあおぞらネット銀行
2017/12/27時点
  • 詳細はこちら
  • 口座開設はこちら

執筆者紹介

メディア掲載情報

ボリ平 (ぼりへい)

【プロフィール】
FX&バイナリーオプション専業トレーダーです。 毎日コツコツトレードを行えば、相場が判ってきます。 難しいテクニックは不要。 ”自分に合ったトレードスタイル”を見つけることが出来れば どんな相場でも成果を上げていく事が可能だと思います。



FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧