日銀によるマイナス金利導入その時どう動いた?【パート1】

みなさん、こんにちは。トレーダーのボリ平です。


毎日トレードしていると、色々な事に遭遇します。


今回は「日銀金融政策決定会合の発表」

相場がとんでもない展開になったので、それをリポートしたいと思います。

日銀金融政策決定会合とは

日本銀行の最高意思決定機関である政策委員会の会合のうち、

金融政策の運営に関する事項を審議・決定する会合を、

金融政策決定会合といいます。


会議内容は非公開ですが、その後の記者会見によりその内容が公表されます。


金融政策決定会合の発表時間は決められていないため

毎回すこしずつ変わりますが、大きな変更がある時は

“発表時刻が遅くなる”事が多いです。


発表の内容によっては相場が大きく動くため、注目度の高い経済指標です。


今回の日銀発表は12:30頃だろう、という予想が出ていたので、

その前に満期が来るFXトレード・フィナンシャルの「バイトレ」

取引を行っていました。

日銀金融政策決定会合の発表のトレード模様

FXTFバイトレ取引時間おさらい

(図1)FXTFバイトレ取引時間


バイトレは取引時間2時間10分(第1回号だけが2時間)の回号が、

1日に11回行われます。


気を付けなければいけないのが、

「夏時間と冬時間」で取引時間が異なるところ。



夏時間・冬時間とは?

欧米ではサマータイム制度を導入していて、

標準時間(冬時間)よりも1時間ずれます。


それにより経済指標の発表も1時間前倒しになるため、

夏・冬の切り替え時期は特に注意が必要です。



(図2)夏時間採用スケジュール


(図2)は主なエリア別の夏時間採用スケジュールです。


これは毎年、曜日によって日程が異なりますので確認してください。


ややこしいのが、ニュージーランドとオーストラリア。


ここは南半球にあるため、夏時間・冬時間の適用が逆になります。


※BO業者で夏時間・冬時間を採用しているのはFXTF【バイトレ】とトレイダーズ証券【みんなのバイナリー】の2社です。



FXTFバイトレ(第2回号)でエントリー

(図3)【バイトレ】ドル円取引画面とドル円1分足チャート


バイトレの第2回号は10:10スタート、判定時刻(満期)12:20。


日銀発表の10分前に終わるバイナリーオプションです。


今回の作戦は、12:20の満期までホールドするのではなく、

ちょうどドル円が下落トレンドだったのを見て、順張りでLOWのエントリーを行い、

ある程度下げたらチケット価格を見て「途中売却」する予定のポジション取りです。


バイナリーオプションの取引戦略ででは、このようにエントリーした後、

満期まで待たずに途中売却(転売)する作戦があります。


この場合は、目標レートと現在レートとの差がチケット価格(プレミアムの価値)に

反映されるので、チケット購入価格よりチケット売却価格が上回れば

途中売却しても利益が確定します。



途中売却できない相場展開に・・・

(図4)【バイトレ】ポジションホールド中の画面


その後のドル円は上海市場がスタートした10:30ごろから動意が見られたものの、

11時を過ぎると、全くと言っていいほど動かなくなってしまいました。


この時間帯は東京市場と中国市場が重なります。


最近の中国人民元問題、上海株価暴落などにより、普段は動意のある時間帯。


予想よりも下落しせず、しかし目標レートよりも現在レートが下回っている

有利なポジションなので、みすみす「損切の為の途中売却」をして

損失確定するほどでもない、という微妙な状態で2時間が過ぎてしまいました。


「嵐の前の静けさ」とはこの事だったのかと、後から思いました。



【12:20】バイトレ取引終了

(図5)バイトレ満期後の取引画面


短期トレードのつもりが、予定をはるかに超える長丁場になりましたが、

バイナリーオプションは一度エントリーしたら、

転売しなければ時間が来るまであとは

「ほったらかし」にしてもいいので、そこが楽なところ。


そんなことを思いながらスマホのチャート画面をスクリーンショットし、

あらためてドル円の動きを検証しようとしていたら、、、



【12:21】突如相場が動き出した!

(図6)ドル円1分足チャート(マネーパートナーズ)


(図6)の上のチャートは12:20バイトレ満期のもの、

下のチャートはそこから1分後のチャートです。


ドル円に、それまでの値動きとは全く異なる急騰が見られます。


「日銀発表までには時間が早すぎる。

何らかの原因で前倒し発表があったのか?」「それとも全く別の要因か?」


この急騰に関して、マーケット情報やSNSなどを見たのですが、

どこにも理由が書かれていません。


2分経過した頃、やっと「動意の原因」が判りました。


パート2につづきます。

バイナリーオプションを攻略する3つの必勝法

執筆者紹介

メディア掲載情報

ボリ平 (ぼりへい)

【プロフィール】
FX&バイナリーオプション専業トレーダーです。 毎日コツコツトレードを行えば、相場が判ってきます。 難しいテクニックは不要。 ”自分に合ったトレードスタイル”を見つけることが出来れば どんな相場でも成果を上げていく事が可能だと思います。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧