チケット価格によるBOトレード戦略【その2】

みなさん、こんにちは。トレーダーのボリ平です。

前回に引き続き、チケット価格によるトレード戦略です。

今回はペイアウト『約2倍!』

現在価格と目標価格(権利行使価格)が同じ価格の場合を狙ったトレーディングです。



ペイアウト2倍を狙うには?

(図1)現在価格=目標価格のライン上で買う


ペイアウト倍率2倍を狙うトレードとは、図1のように、

目標価格のライン上に、現在価格がある場合に「円高」か「円安」のチケットを購入する事になります。

この場合、円高側も円安側も「500円近辺」のチケット価格なので、勝負は五分五分です。


1ロット取引で、チケット購入価格が500円の場合

取引に成功すると、ペイアウト2倍で500円が「1000円」になります。

失敗すると、チケット価格が損失となるため「-500円」

『利益:500円または、損失:500円』という取引です。


これは、FXのスキャルピングで成り行き注文したような感覚です。

「ペイアウト2倍」の取引は、非常に資金効率が良いので、連続して成功すると、

どんどん資金が増えて行きます。



ペイアウト2倍トレード実践編

(図2)GMOクリック証券【外為オプション】取引画面



(図2)は11:00満期のGMOクリック証券【外為オプション】ドル円の取引画面。


10:00スタート後、横ばいからダラダラと値を下げているドル円が

そろそろ反発に転じると予測し、逆張り「円安」側のチケットを購入。


10枚ずつ2回に分けて購入したため、

平均購入価格は568円、チケット20枚というポジションです。

満期までのこり22分



(図3)11:00満期取引終了



その後ドル円は予想通り反発上昇し、取引成功。

ペイアウト2倍までは行きませんでしたが、


投資金額:11370円で利益:8630


は良い取引ではないでしょうか?



取引終了後は必ずチャートで確認

(図4)GMOクリック証券【プラチナチャート】ドル円1分足



1分足チャートを見ると、ドル円が下落から横ばいになり一段下げた所で、

「↑HIGH」のエントリーをしましたが、その後さらに下落する場面も。

満期までのこり15分から反転・上昇しています。


ペイアウト2倍のトレーディングは、FXスキャルピングトレーダー向き
トレード法だと思います。



判定結果が「同値」の場合

バイナリーオプションの判定で

目標価格(権利行使価格)と、満期の価格が同じ場合はどうなるでしょうか?

これは私が実際に取引したユーロドルの判定後の画面です。



(図5)判定結果の価格が目標価格と同じ場合



目標価格よりも下がると予測し、「1.12150ドル」よりドル高というチケットを購入。

しかし、判定直前にユーロドルが上昇してしまい『同値』で終了しています。


判定は「ドル安」○(マル)がついています。

「ドル安」が成功

「ドル高」を買った私は取引失敗となりました。


これには、納得がいかない気もしますが取引画面のチケットをよく見ると

ドル高には「未満」とあり、ドル安には「以上」とあります。


このように「同値」の場合は

・円安(またはドル安↑)側が
・円高(またはドル高↓)側が
×

となるのです。

≪GMOクリック証券外為オプション「外為オプションの予備知識」より≫





1
円安予測(※対ドルの場合はドル安)
判定価格権利行使価格の場合、

ペイアウトが支払われ、ペイアウトとプレミアムの差額が利益となります。

判定価格<権利行使価格の場合、プレミアムが損失となります。

2
円高予測(※対ドルの場合はドル高)
判定価格権利行使価格の場合、

ペイアウトが支払われ、ペイアウトとプレミアムの差額が利益となります。

判定価格≧権利行使価格の場合、プレミアムが損失となります。

FXトレード・フィナンシャル バイトレの場合

(図6)FXTFバイトレの「同値判定」



円高(LOW)同値アウト!は他のBO業者でも共通しています。


(図6)はFXTF:バイトレのドル円の取引です。


「円高LOW」エントリー、しかし判定は同値。

取引後の明細を見てもわかるように、バイトレでもLOW側のチケットを購入した場合は

同値は取引失敗という結果になります。

≪FXトレード・フィナンシャル「バイトレ取引概要」より≫




【バイトレラダーの場合】


1
HIGH(判定レート≧目標レート)
判定レートが目標レート以上となった場合にのみ、ペイアウト金額を受け取ることができます。

2
LOW(判定レート<目標レート)
判定レートが目標レート未満となった場合にのみ、ペイアウト金額を受け取ることができます。


このように新ルール施行後はBO業者の総取りが禁じられ、同値の場合は、

HIGHかLOWか、どちらかにペイアウトが支払われるよう改正されました。

しかし「HIGHが○でLOWが?」となったのはどういう理由なのかわかりません。

私は「LOW」のポジションを取ることが多いので、よく「同値アウト」になります。

ということは、

HIGHかLOWの選択の場合は「LOW」のほうが有利なのかもしれませんね。



バイナリーオプションを攻略する3つの必勝法

執筆者紹介

メディア掲載情報

ボリ平 (ぼりへい)

【プロフィール】
FX&バイナリーオプション専業トレーダーです。 毎日コツコツトレードを行えば、相場が判ってきます。 難しいテクニックは不要。 ”自分に合ったトレードスタイル”を見つけることが出来れば どんな相場でも成果を上げていく事が可能だと思います。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧