時間を味方に!プレミアムの価値を知ろう

みなさん、こんにちは。トレーダーのボリ平です。


バイナリーオプションには「チケット」と呼ばれる「プレミアム」があります。
これをいかに上手に購入し、成功トレードを導くかによって、利益が大きく変わってきます。





プレミアムの価値について

(図1)プレミアムとは


この考え方はFXにはない「オプション取引」のプライシングモデルの算出方法です。
バイナリーオプションでは、一般的なオプション取引のしくみを基に
各BO業者が独自の算出方法でプライシングを決定しています。



バイナリーオプションでのプレミアムとは、取引画面にある「チケット価格」のことです。


今回は「時間的価値」の相違によるトレード環境の違いを、実際のトレードをもとに解説します。



「外為オプション」と「選べる外為オプション」を使いこなす

同じグループ会社のGMOクリック証券【外為オプション】
FXプライムby GMO【選べる外為オプション】
2つを上手に組み合わせることにより、色々な投資戦略が立てられます。


この2つのBO業者の大きな違いは「取引時間」です。


・FXプライム by GMO選べる外為オプション : 取引時間2時間
・GMOクリック証券 外為オプション : 取引時間3時間


このように取引時間が違いますが、スタート時刻は同じ、ラダー(目標レート)も同じです。



「選べる外為オプション」でチャンスが無かったら・・・

第1回号の取引を例に挙げます。


どちらの業者も「8:00」にスタート
まずは「選べる外為オプション」(取引時間2時間)でのトレードを考えます。


しかし2時間の取引時間の中では良いトレード機会が無かった場合、
取引時間を「1時間延長させるつもり」で「外為オプション」(取引時間3時間)に切り替えます。



選べる外為オプション?外為オプションに切り替え

(図2)BO業者を切り替えエントリー


FXプライムby GMO「選べる外為オプション」では購入できなかったチケットが、
1時間遅いGMOクリック証券「外為オプション」で購入できました。



銘柄も同じ、ドル円で目標レートも同じ。
違うのは『満期までの残存時間』です。



買える?買えない?

(図3)「選べる外為オプション」では買えないチケットが「外為オプション」では購入可能


同じ時刻の2つの取引画面を比較してみました。


注文〆切まで残り8分となったFXプライムby GMO「選べる外為オプション」では
私が購入したい円安のチケットが、すでに「1000円」になっていて購入不可。


しかし、残り時間が1時間以上あるGMOクリック証券「外為オプション」では購入できます。


もちろん、外為オプションにすると取引時間が1時間長くなるため、その間の相場変動リスクがあります。
それを踏まえてのプライシングです。


そのためエントリーする際には、しっかりとFXチャートを確認し、今後の相場動向を把握した上で購入を決めます。



チケット追加購入の判断は?

(図4)ドル円10枚の追加購入


9:30頃からドル円が下落、前日安値(122.56円)を下抜けました。


基本的な戦略として、東京時間は「高値:売り(LOW)、安値:買い(HIGH)」
『逆張り手法』を使います。


この時間帯では直近高値・安値のほか、前日NYの高値・安値などもポイントとして押さえておきます。



今度は円高追加購入の判断

(図5)円高30枚追加購入


10:30過ぎ、中国市場が寄付き、日経平均が持ち直すとともにドル円上昇。
今度は高値からの逆張りで「円高」チケットを追加購入します。


注文受付終了まではのこり13分45秒となり、満期までの残存時間が短くなりました。


このケースでは、先ほどの「円安購入」の時とは違い、『ペイアウト倍率:2倍』を狙います。


そこで「現在価格と目標価格」がほぼ一致する500円台のチケットを購入。

なぜなら満期までの時間が短いため、この水準から満期にかけては現在価格よりも下がると予想することが容易だからです。



GMOクリック証券【外為オプション】第1回号満期

(図6)11時満期の取引結果


円安・円高、目標レートの異なる両建てとなりましたが、どちらも取引成功。


3時間という長い取引時間ですが、その都度ポジションの取り方にはいろいろな方法がある事がわかります。



FXチャートで動向を確認

(図6)GMOクリック証券プラチナチャート(ドル円1分足)


トレード中はずっとこの「プラチナチャート」を見ています。
矢印のところがポジションを持ったところ。


トレード後はかならずチャートを確認し、ポジショニングやエントリー時刻が適当だったかを検証しています。



この方法はGMOグループのみ成立する


選べる外為オプションと外為オプションは同じ時刻にスタートし、
目標レートも同じため、このような作戦が使えるのですが、他社との組み合わせは出来ません。


国内8社あるBO業者はそれぞれ、独自のプライシングを行っているため
プレミアムの価値が異なるからです。(取引時間も違います)



GMOグループならではの手法なので、両方に口座をお持ちの方はぜひやってみて下さい。

バイナリーオプションを攻略する3つの必勝法

執筆者紹介

メディア掲載情報

ボリ平 (ぼりへい)

【プロフィール】
FX&バイナリーオプション専業トレーダーです。 毎日コツコツトレードを行えば、相場が判ってきます。 難しいテクニックは不要。 ”自分に合ったトレードスタイル”を見つけることが出来れば どんな相場でも成果を上げていく事が可能だと思います。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧