YJFX!のオプトレ!がバイナリー口座の中で最短で取引できる理由

みなさん、こんにちは。トレーダーのボリ平です。
今回はYJFX【オプトレ!】をご紹介します。

オプトレ!の特徴は何といっても「1分間のBO」


国内バイナリーオプションはどこも

取引時間約:2時間。
注文受付終了から判定まで:2分間。


というルールですが、YJFXの「オプトレ!」だけは 取引時間:1時間59分、受付終了から判定時刻まで「わずか1分間」のバイナリーオプションです。



(図1)オプトレ!の取引時間



図1のようにオプトレ!は「受付開始から判定まで」でちょうど2時間のバイナリー。

受付終了ギリギリにエントリーすれば、ほぼ60秒後に結果が出るという唯一のBO業者です。


銘柄数が多い、オプトレ!の取引画面


(図2)オプトレ!の取引画面


図2はオプトレ!の実際の取引画面です。特徴的なデザインですが、コンパクトにまとまっていて、初心者の方でも使いやすいと思います。


オプトレ!は銘柄数が多く、他社では取り扱っていない銘柄もあります。


特定の銘柄しか取引しない、というFXトレーダーの方も
8銘柄がそろっているオプトレ!なら、普段取引している得意なFX銘柄が見つかると思います。


上か下か?の呼び方さまざま


バイナリーオプションの取引「上↑か、下↓か?」という表記については
各BO業者がそれぞれ色々な呼び方をしています。


@【ハイロー型】  FXTFバイトレ/LION BO/JFX MTBO

・価格上昇を予想?「High」ハイ
・価格下落を予想?「Low」ロー
※LION BOとJFX MTBOは「上昇」「下落」という表記



A【コール・プット型】  YJFX!オプトレ


(図3)オプトレ!「コール・プット型」取引例


・価格上昇を予想?「Call」コール
・価格下落を予想?「Put」プット     
※オプション取引の表現方法。意味はハイローと同じ。
※コール・プット型はオプトレ!だけ



B【円安・円高型】  外為オプション/みんなのバイナリー/YJFX!オプトレ!/選べる外為オプション

・『クロス円』の場合    ・価格上昇を予想?「円安」 ・価格下落を予想?「円高」
・『ドルストレート』の場合 ・価格上昇を予想?「ドル安」・価格下落を予想?「ドル高」
 


意味はみな同じですが、このようにBO業者によってそれぞれ表記が異なるので、
取引前にはしっかりと矢印方向(↑↓)を確認しましょう。


オプトレ!ならでは、の「ALLチャート」

オプトレ!にしかできない仕様が「ALLチャート」です。

FXではこのような多画面チャートをよく見ますが、バイナリーオプションでは「オプトレ!」が業界初の仕様です。



(図4)ALLチャートとグループ分け


取引画面の銘柄一覧の左端に「ALL」というタブがあります。
ここを押すと図3のようなチャートが現れます。これはオプトレで取り扱っている全8銘柄のリアルタイムチャートを同時に表示させたものです。


私はそれを「テーマ」によってグループ分けをして使います。


たとえば東京時間の取引は、同時に動いているオセアニア銘柄も活発に動きます。
オーストラリア(AUG)銘柄(豪ドルドル・豪ドル円)に
NZドル円も仲間に入れて「オセアニアグループ」として比較。


その他、「クロス円グループ」・「欧州グループなど」のグループ分けをして見てみると、
同じパターン、または逆パターンなど、取引時間帯や銘柄による特徴があることが判ります。


ALLチャートは、一度に多くの銘柄の動きが把握できるので非常に参考になります。


取引したい銘柄が見つかった場合は、該当のチャート部分を押すと、図2で示したような個別銘柄の取引画面に行きます。

売値と買値の違い「途中売却」について


バイナリーオプションにもFXのように「売りと買いの価格差」=スプレッドがあります。


チケットを購入後すぐに売却しようとしても、チケットを購入した時の価格【買値】では売れません。転売価格【売値】で売却する事になります。


このスプレッド差については、銘柄や時間帯、相場変動などにより異なりますしBO業者によっても違います。


BOでは毎回「転売=途中売却」する必要はありませんが
利益確定および損切時に少しでもスプレッドが狭いほうがトレーダーにとっては有利です。


(図5)オプトレ!のチケット価格(売値と買値)の差


オプトレ!の取引画面では、プット(青)とコール(赤)それぞれのチケットの下に
「売却価格」が表示されています。

このスプレッド差は変動しますので、途中売却をする場合はよく確認してください。


【スプレッド算出方法】

 ・購入価格(買値) − 転売価格(売値)=「スプレッド価格」

ユーロドル・プットの取引例



(図6)オプトレ!購入画面



図6は判定時刻の6分前に、実際にエントリーした瞬間の画面です。


取引成立とともに「インフォメーション」が現れます。その時、「購入履歴・売却一覧」にはポジションが表示されていますが、「評価損益」が -400円になっています。

これがスプレッド差です。

5口購入しているので 「400円 ÷ 5口=スプレッド:80円」となります。


オプトレ!は比較的スプレッドが狭く転売しやすいBO業者だと思います。
各社がどのくらいのスプレッド設定しているのか、一度チェックしてみて下さい。

■YJFX!「オプトレ!」取引時間
・月曜日〜金曜日 午前7時25分〜翌午前5時25分(全11回号)

バイナリーオプションを攻略する3つの必勝法

執筆者紹介

メディア掲載情報

ボリ平 (ぼりへい)

【プロフィール】
FX&バイナリーオプション専業トレーダーです。 毎日コツコツトレードを行えば、相場が判ってきます。 難しいテクニックは不要。 ”自分に合ったトレードスタイル”を見つけることが出来れば どんな相場でも成果を上げていく事が可能だと思います。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧